2017年5月21日日曜日

復活節第6主日

第一朗読:使徒言行録8・5-8、14-17
第二朗読:一ペトロ3・15-18
福音:ヨハネ14・15-21

みなさんおはようございます。
ここ最近ずっと私は風邪をひいていました。
最初は頭痛だけでしたが、のちに喉が紙やすりのようにザラザラしてきました。
それを乗り越えるためにのど飴をなめています。
また、気管から咳こむような音が出て、夜中も苦しいです。
二つの薬を飲むと少し落ち着きます。
そして水曜日から、右耳が聞こえづらくなりました。水中に潜っているような聞きづらさです。
鼻をかむ時には耳から変な音が聞こえます。
ひどかったです。本当にこんなにひどい風邪は久しぶりです。
聖書の中のヨブに似ています。
その苦しみの中で、一つ良いことがありました。
金曜日の午後の授業で、学生達の前に病気の状態で現れたら、ケンちゃんかわいそう~と皆が言って、いつもより90分の授業を協力して取り組んでくれました。
この風邪を通して学びました。
それは、愛は時々忍耐力を表します。
学生達が、私の為に忍耐がありましたし、飛行機に乗った時に、フライトアテンダントも私が可哀そうなので、水とキャンディーの袋を持ってきてくれました。
私は仕事が大好きですが、今回は自分のケアのために家に帰ってベッドに倒れました。
それは、自分の為の愛です。
昨日の授業で学生達に死について教えました。
死を確認するためには二つの条件があります。
一つは、心臓が動いているかです。
それは伝統的な条件です。
今、21世紀に入りテクノロジーか進歩しているので、病気の人を機械によってサポートができます。
ですから、現代の医療と倫理の中で、死を確認するために脳死の条件を使います。
ちょっと複雑ですが、学生達は将来看護師になるので、それを理解するべきです。
その準備をしながら、私は今日の説教について考えていました。
特に、今日の第二朗読のペトロの内容でした。
それは聖ペトロによる内容ですが、面白いのは、医療と倫理が生まれる前に、彼は大切な事を発見していました。
それは、私達の信仰の源は脳の知識ではなく、心の知識です。
とっても美しいアイディアです。
学校にいかなくても、信仰を学ぶことができることがその証拠です。
ですから、2000年間イエス様について信仰生活は、人々の心を通して学んだり実践したりしました。
心の実りは、やはり愛です。
金曜日の授業でも学生達が授業の中で私のために憐れみ、「ケンちゃんかわいそう~」と愛を通して言ったことです。
今日の朗読を通して、私達の心の中に二つのことがあると理解しました。
一つは愛です。
もう一つは聖霊です。
聖霊が私達の心から頭に何を言うか、何をするか、導きます。
それを表すために、今朝シェービングクリームを持ってきました。
シェービングクリームは、男性の皆さんは女性よりわかっていると思いますが、クリームなしでヒゲそりをすると痛くて、綺麗に剃れません。
しかし、クリームを使えばヒゲがやわらかくなって、芝生を刈るようにスムーズにヒゲを剃ることができます。
重要なポイントは、シェービングクリームをスプレーから出すことです。
みなさん、私達の心の愛と同じです。
自分の心を中に、シェービングクリームのスプレーの中のように閉じ込めていては、周りがスムーズになりません。
しかし、心の中の愛を出して使うことができれば、自分のためだけではなく、皆のためにとてもナイスな雰囲気になります。
今日の日曜日からイエス様は私達に聖霊の力の教育をはじめました。
イエス様は私達の協力を頼っています。
もっとやさしく、美しく、教会・社会・世界をつくるために、聖霊の導きを信頼しましょう。
聖霊は私達の心の中に住んでいます。
150年前、ダーウィンは自分の有名な理論を発表しました。
重要なポイントは『最適者生存』でした。
その意味は、一番強い動物は生き残ります。
でも、ダーウィンの本を読むと、一番強い動物は一番優しい動物です。
その優しさを通して、お互いを助けながら、自分だけではなく、他者も生き残ることができます。やはり、私達人間は愛と優しさが最も大切な行いですね。
どうぞ皆さん、自分の生存、周りの人々の生存、教会の生存のために、イエス様の再臨を待ちながら、毎日愛を通して、優しさを通して生活をしましょう。

二週間、私の病気のために優しい言葉と行い、ありがとうございました。

2017.05.21 今週のお知らせ

5月21日(日)
主日のミサ ( 復活節第6 )
0930
教会学校
1100
 典礼・広報部会



 
1000
主日ミサ
1200
 運営委員会

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)


5月
22日
(月)
0615
1000
ミサ
絵手紙

23日
(火)




24日
(水)
0615
0900
ミサ
業者清掃
 
25日
(木)
0700
1000
1000
1200
ミサ(聖心会)
養成クラス
キルトの会
聖堂清掃

26日
(金)
1000
1830
1930
金曜作業グループ
ミサ
「福音宣教」読書会

27日
(土)




28日
(日)
0930
1000
1100
1100






教会学校
主日ミサ(山谷神父)
福祉納豆販売
青年会コーヒー

2017年5月14日日曜日

復活節第5主日

第一朗読:使徒言行録6・1-7
第二朗読:一ペトロ2・4-9
福音:ヨハネ14・1-12

母の皆さん、また母的な仕事をしている皆さん、母の日おめでとうございます。
ハッピーマザーズディ!
今日は世界中の生きているお母さん達と、先に天国に行かれたお母さん達も、私達のために世話をしてくれた事を考えながら感謝いたします。
お母さん達は、毎日私に愛情を注いでくれて、おかげで元気に育ちました。
今日も女性達の心に感謝します。
母の日の歴史も、女性達の価値観と関係があります。
1858年ちょうどナイチンゲールがクリミア戦争の中で軍人達の世話をしていた時、アメリカでも南北の戦争がありました。
その時、アンナ・ジャービスとジュリア・ウォード・ハウが平和の雰囲気を取り戻すために、母の日を発表しました。
「私達人間は一つのファミリーです。私達人間は同じ血の同じ家族です。ですから、お互いの命を滅ぼすことより、守りましょう。」
そして白のカーネーションを人々に配りながら、この運動を始めました。
アメリカでは、1912年から毎年5月の第二日曜日に祝日を祝い、日本は1913年から始まりました。
やはり、この祝日もお母さん達の勇気の模範、愛の模範から始まりました。
私達カトリック信者達はこの背景を聞きながら、イエス様のお母様マリア様の勇気の模範を思い出します。
母たちの素晴らしい平和的な模範、愛の模範の背景を考えながら、最近、フランシスコ教皇様は、アメリカのトランプ大統領に文句を言いました。
なぜなら、約2週間前にトランプはアフガニスタンの国で敵のテロリストを抑圧するために、アメリカで一番大きな爆弾を投下しました。
その爆弾はMOABという名前で、頭文字を短縮した名前ですが、フルネームは“Mother Of All Bombs(全ての爆弾の母)”です。
教皇様が、お母さんは命を与える人々なので、この名前はとても失礼だと話しました。
トランプに恥ずかしいことだと言いました。
やはり、教皇様はお母さん達を大好きですね。
今週、トランプが教皇様と面談しますので、多分その話をすると思います。
私の体験ですが、お母さんは爆弾ではなく、平和を実現する人でした。
子供の時代に3つの忘れられない体験がありました。 
一つ目は、友達と一緒に戦争ごっこをしました。
お互いに石を投げ合っていました。
最初に小さな石だけで、痛くありませんでしたが、突然友達が大きな石を私の頭にぶつけて、頭ははれ上がり血が出ました。
台所に行くとお母さんは食事の準備中でお母さんは叫びました。
お母さんは友達に家に帰るように言いました。
そしてラッキーなことに病院がとても近かったので、タクシーですぐ病院に行き、頭の手術をしました。
そして頭の穴をふさぎました。
その後で戦争ごっこはやめました。
もう一つは、小さい時に動物園に行ったことでした。
触れられる動物がいました。
その時は冬でした。
私は喜んで、ラマに触ってラマは私の手袋を取って食べました。
私はびっくりして大きい声で泣きました。
あとでお母さんが「大丈夫、ラマちゃんはお腹が空いていたので食べました。」と言いました。
その後、母もラマに触っていました。
それは私が怖がらないようにとの模範でした。
三つ目は高校生のときでした。
私は高校二年生の時に一生懸命スペイン語を練習していました。
私達の高校は国際的なプログラムがありました。
そのプログラムを通して、留学を一年間出来ました。
お姉さんはそのプログラムを通してロシアに留学生として行っていました。
私もスペインに行きたくなってお父さんのところに行きました。
私は「姉と同じように私も外国に行きたい、スペインで勉強したいです。」と言いました。
父が「私は分かりません。お母さんに聞いて下さい。」と言ったので、母のところに行って聞きました。
母は「ケンちゃん素晴らしいアイディアです。行ってらっしゃい。」と言いました。
そして、父が母の希望を聞き賛成しました。
私の母は、私の夢が実現できるように頑張りました。よかったね。
偶然ですが、先週、学校から依頼があって、代表としてバルセロナへ学会に行きます。
そのニュースを聞いて、高校生の時代お母さんのおかげで行ったことを懐かしく思い出しました。
皆さん、母の日は素晴らしい社会としての感謝の日です。
母たち神様と協力して、私達はこの世に産まれます。
母たちの愛は人生ずっと私達の夢を叶えるためにサポートします。
イエス様とお父さんの間の素晴らしい愛は私達の子供達とお母さん達の間の愛に似ています。
それは、必要なことがあれば必ず愛を通して、そのニーズを満たします。
天のお父様が愛するイエス様のために一番素晴らしい行ったことは、御復活でした。
私達のお母さん達の愛は天のお父様の愛に似ていますね。
病気の時には元気になるように看護して、失敗の時に回復するために励ましの言葉を言います。
皆さんも自分のお母さんに、心の中にいい思い出がたくさんあると思います。今日母の日、私生きているお母さん達と、先に天国に行かれたお母さん達の命のために、感謝いたしましょう。
彼女たちの、愛の模範のために神様に感謝いたしましょう。

そして、私達も母と同じように愛一杯の人間になるために、見習いましょう。

2017.05.14 今週のお知らせ

5月14日(日)
主日のミサ ( 子供ミサ )
0930
教会学校
1100
 ミニ・バザー
1000
主日ミサ
1100
 福祉コーヒー
1100
パン販売
1115
 記念ミサチーム会合

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)


5月
15日
(月)
0615
ミサ


16日
(火)




17日
(水)
0615

ミサ

 
18日
(木)
0700
1000
ミサ(聖心会)
入門クラス

19日
(金)
1000
1000
1830
教会清掃(3グループ)
金曜作業グループ
ミサ

20日
(土)
0700
1000
1830
ミサ(入門クラス)
「福音宣言」読書会
English Mass

21日
(日)
0930
1000
1100







教会学校
主日ミサ(復活節第6)
典礼・広報部会

2017年5月7日日曜日

復活節第4主日

第一朗読:使徒言行録2・14a、36-41
第二朗読:一ペトロ2・20b-25
福音:ヨハネ10・1-10


Mary Had a Little Lamb


Mary had a little lamb,
    Its fleece was white as snow;
And everywhere that Mary went
The lamb was sure to go.

    It followed her to school one day,
Which was against the rule;
    It made the children laugh and play
To see a lamb at school.

And so the teacher turned it out,
But still it lingered near,
And waited patiently about
Till Mary did appear.

Why does the lamb love Mary so?
The eager children cry;
Why, Mary loves the lamb, you know,
The teacher did reply.

めりーのこひつじ

めりのこひつじ
ゆきのようなわたげ
めりーのいくところ
どこでもついていく

めりーについて
がっこうにいったら
こどもたちはおおはしゃぎ
こひつじはせいと

せんせいがおいだしたら
ちかくであそびながら
めりーのかえりを
ずっとまってた

めりーかすきなわけは
こどもたちがきいた
めりーにすかわてるからさ
せいせいがいった

皆さん、おはようございます。
ゴールデンウィークはどうでしたか?
私は忙しかったので、お花見はできませんでした。
しかし、子供の日天気が良かったので、私の司祭館の窓をぜんぶ開いてみたら春の雰囲気を感じました。
見ることはできませんでしたが、私の台所の窓の外で、面白い鳥の声を聞きました。
木の中で巣を作っているみたいでした。
動物は、何をするか本能を通して導きます。
私達人間は違いますね。
私達人間は、神様の霊、聖霊を通して導きます。
御復活したイエス様が、聖霊について良く弟子達に教育をしました。
有名なイエズス会の神父、テイヤール・ド・シャルダンはそのことについて、深く考えました。
彼の結果は本の中で発表しました。
「私達人間は、教会に通いながら霊的な体験を経験するではなく、反対に私達が霊的な物として人間の体験をしています。」
それは、イエス様と同じポイントです。
私達本当の自分は霊的な人です。
ですから、ゴールデンウィークを通してお花見をすることは、美しい体験ですが、本当に十戒の世界はもっと美しい世界があります。
私達は悪魔の誘惑を通して、私達完全な人間性に心の中で抵抗しています。
今日は、世界召命祈願の日です。
私達人間は皆、神様の愛を通してこの命を呼ばれていました。
私達一人一人が特別な召命があります。
カトリック教会は自分の組織のニーズを満たすために、召命は狭く考えています。
それは、シスター、ブラザー、神父の召命です。
しかし、召命は広い意味があります。
その為に、今朝、マリア様の戴冠式をしました。
マリア様は天使ガブリエルを通して、イエス様のお母さんになる召命を頂きました。
マリア様は喜んでその召命を受けとりました。
皆さん、彼女の有名な言葉は覚えているでしょう。
「わたしは主のはしためです。お言葉通りに、この身に成りますように。」と言ったことです。
マリア様と養父聖ヨセフ様はイエス様と生活しながら、深い関係を築きました。
イエス様はマリア様とヨセフ様の素晴らしい信仰生活を通して学びました。
残念ながら私達は若いイエス様の歴史は分かりませんが、大人になって彼も信仰深く、愛一杯の人になったでしょう。
その聖家族の雰囲気から学んだ事は両親の模範が大切です。
両親の役割は神様から頼んだ召命です。
ゴールデンウィークの中で、素晴らしい信者が亡くなりました。
彼女はお母さんだけではなく、祖母も通して家族の為に大きい役割を行ったそうです。
彼女のお葬式の説教の中で話しました。
最近、フランシスコ教皇様が祖母の大切な役割について発表しました。
祖母達は現代の教会のために必要な新しい召命だそうです。
なぜなら、両親たちは忙しいので、祖母達はよく子供達のお世話をします。
彼女たちは子供達と遊びながら自分の信仰生活も分かち合うことができるからです。
教皇様は祖母達の働きを褒められて助けます。
召命は神様の計画を果たすために与えられます。
神様が私達の愛と信仰に頼っています。
その背景で、今日マリア様の戴冠式が分かりやすいです。
マリア様は、イエス様と深い人間関係があったので、イエス様がマリア様にも信頼関係がありました。
ですから、マリア様が頼むことも従いました。
カナの婚礼の奇跡が大切な事例です。
旧約聖書の中で、マリア様とイエス様と似ている母と息子はベットシーバーとソロモンの王様でした。
ソロモンはお母さんの心を信じて、愛を通して頼っていましたので、自分と隣の女王様の座を用意しました。
新約聖書の中で、イエス様とマリア様の関係は似ていることです。
その為に私達はマリア様を通してイエス様に祈ります。
マリア様はイエス様のすぐそばにいらっしゃるので、私達の願いを伝えます。
偶然ですが、今日の召命の日と私のメリノール会についてお知らせいたします。
百年前メリノール会はアメリカの国の福音宣教のために始まりました。
その時から、アメリカで生まれた男性達を入会させていました。
しかし今、世界が小さくなりましたので、これから国際的に誰でもメリノール会に入ることができるようになりました。
ですから、皆さん、知り合い、若い男性達で神父とブラザーになりたい人はメリノール会も紹介してください。
メンバーになるために英語の教育受けてからアメリカの神学校に通います。
叙階され神父になってから世界中福音宣教をします。
表紙でアメリカの子供の歌を英語と日本語で書きました。
それはイエス様とマリア様についての内容です。
内容は、イエス様が、マリア様を愛しましたので、いつも従っていました。
今日の福音は良い羊飼いの内容です。
多分イエス様が人々へのケアをマリア様から学んだと思います。
私たちのために神様の聖霊は私達の羊飼いです。
神様の心をしっかり従えば、安全な楽しい幸せな生活になります。

どうぞ皆さん、私達も周りの人々のために、イエス様とマリア様と同じような羊飼いの模範に倣いましょう。