2017年11月12日日曜日

年間第32主日

第一朗読:知恵6・12-16
第二朗読:一テサロニケ4・13-18、または4・13-14
福音:マタイ25・1-13

みなさんおはようございます。
私たちの80周年もう少しです。2週間ですね。
その時、カトリック円山教会の神様の家族の始まりを思い出します。
私達は、神様から自然の家族をいただきました。
私達の愛する両親、神様の意志を通してこの世に生まれました。
また、両親の影響を通して私達はこのカトリック教会に来ました。
カトリック教会の中で私達は霊的な家族に会いました。
そのため、この建物と共同体は私達にとって大切です。
この霊的な家族を通した、私達の第2の誕生です。
それは洗礼を通してです。
そして共同体の信者達の素晴らしい模範を通して、神様の子どもとして育ちました。
天の神様が私達のお父さんで、教会は私達のお母さんです。
自然のお父さんが家族のために水を渡します。
そのとおりに天のお父様が7つの秘跡を通して、私達の心に必要な恵みを与えました。
それによって私達の魂を救いました。
それはイエス様の犠牲のおかげです。
本当にイエス様が私達一人一人のお兄さん、お姉さんです。
その考えで私達は皆家族ですから、知らない人々ではなく、知り合い同士の人々です。本当に私たちは卵の聖人達です。
教会の共同体が親密になるために、温かい人間関係が必要です。
私達は、日曜日のミサを一緒に祈る姿を通して、バザーの時に一緒に協力する姿を通して、お葬式の時に一緒に泣く姿を通して、そして結婚式の時に一緒に祝う姿を通して、私たちは結びつきを表します。
日本では「愛(LOVE)」の言葉を使わないけど、私たちは教会を通してお互いを愛します。
We love one another.
大切にします。
特に問題がある時には共同体のメンバーへの愛を表すために祈ります。
私たちの心のシンボルは御聖体です。
イエス様も亡くなる前にお願いしました。
聖パウロの言葉を通して、私たちはイエス様の体です。
聖ペトロの言葉を通して、私たちはこの建物の生きている意志です。
今日の素晴らしい福音は、教会の目的を示します。
それはイエス様の結婚式です。
イエス様が花婿のように、永遠にカトリック教会を守ります。
昔から、結婚は忠実な契約の印です。
今日の福音の中で花婿を迎える乙女達は、私達を表します。
彼女達の油は私達の信仰の印です。
彼女達の火は、洗礼の時に頂いた光です。
ただし、信仰生活を通して、頂いた火を守りましたので、私達も祈りの生活を通していつも自分のランプを新しい油にして、恵みを頂くべきです。
花婿イエス様が来るまで彼女達は頑張りました。
油が足りない女性達はなまけている人々の模範です。
やはり油を持っている彼女達は私達の模範です。
どうぞみなさん、2週間残りあります。

11月26日、王であるキリストを素晴らしい礼拝を通して迎えることができますように、頑張りましょう。お楽しみに。

2017.11.12 今週のお知らせ

11月12日(日)
主日ミサ(年間第32主日)
0930
教会学校
1115
聖歌を練習する会
1000
1100
主日ミサ(七五三祝福)パン販売、青年コーヒー
1200
80周年記念ミサチーム会合
キルト展




★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)


11
13
(月)
0615
ミサ

14
(火)
0615
ミサ

15
(水)
0615
ミサ
 
16
(木)
0700
1000
ミサ(聖心会)
入門クラス

17
(金)
1000
1000
1830
教会清掃(3グループ)
金曜作グループ
ミサ

18
(土)
0700
1000
1830
ミサ(入門クラス)
初聖体の勉強
English Mass

19
(日)
0930
1000
1100
1100
1100
1115
1200

教会学校
主日ミサ(年間第33主日)
侍者練習会
典礼・広報部会
病者の塗油
聖歌を練習する会
運営委員会

2017年11月5日日曜日

年間第31主日

第一朗読:マラキ1・14b~2・2b、8-10
第二朗読:一テサロニケ2・7b-9、13
福音:マタイ23・1-12

みなさんおはようございます。
今日は私達のカトリック円山教会で亡くなられた、愛する方々のためにお祈りする死者のミサです。
私は今、亡くなられた人々を思って愛があふれています。
みなさんも同じではないでしょうか。
愛は素晴らしい気持ちです。
愛を通して私達は心の平和、心の喜び、生き甲斐を感じますね。それは家族をケアすることです。
愛する人がいれば、その人と別れたくないという気持ちがおこります。
その気持ちを考えると、私達の家は愛の気持ちですね。
例えば、愛する人々が一緒にいれば、安心、喜びを感じます。
英語のことわざで、“Love is where the heart is!”というものがあります。
日本語で「心のあるところに愛がある」という意味です。
その考えで、私は日本に来て、日本語と英語は、あいさつで似ているところがあると思いました。
例えば、英語では“See you later” や “Ill be back.”と言いますが、日本語では、行ってきます、また、じゃあね、あとでね。といいます。
この言葉は相手のための愛の気持ちが含まれています。
別れることを嫌う気持ちです。
早く愛する人々のところに戻りたいという意味を含んでいます。
その通りに、いつも11月にカトリック教会は先に天国に行かれた人々に祈りを通して私達の愛を送ります。
この習慣を通して、私達の心も強くなります。
それは、いつか愛する人々に会える、ちょっと我慢すれば、いつか会える、ということを確認することです。
ですから、死者の日は、美しい祈りの日です。
愛する人に、家を出る時にあいさつを通して安心の気持ちがあふれるように、今日、私達の祈りを通して、同じ気持ちで励まします。
このために教会では毎週日曜日に来る習慣が大切です。
悪魔は社会の雰囲気を暗くしたいです。
しかし私達のカトリック信者達の特徴は光です。
光は悪魔の暗闇を乗り越えます。
最近暗闇が多いですね。
先週の水曜日、ニューヨークでテロがありました。
イスラム信者が、ニューヨークの公園で8人を殺し、23人が怪我をしました。
彼はその行いを神様の栄光のためと大きな声で言いました。
間違いですね。
また、日本でも、先週ひどいことが見つかりましたね。
ある男性が、人々を殺していました。
やはり、悪魔の力が世界中のあちこちで、いたずらしていますね。
神様が天国で泣いていますね。
そのために私達が教会に来る習慣が大切です。
社会は時々、暗い映画館に似ています。
そして映画館を出て光を見ると、目が痛くなります。
それは教会に来ることに似ていますね。
神様は私達が光の中で生活するよう導いてくれます。
教会に来ることによって、私達の心に光の力を頂きます。
私達カトリック信者達は信仰生活によって社会に、愛の業を通して貢献するべきです。
聖人達の人生を振り返って考えると一杯良い模範があります。
今日、死者の日を祝いながら、私達個人の知り合い、家族などを与えた貢献思い出しながら、その人々の命のために神様に感謝します。
死者のミサの歴史はとっても古いです。
西暦6世紀から死者のミサを行った習慣が書かれています。
理由ははっきりわかりませんが、112日を使いました。
そして1748年に教皇様、ベネディクト14世がこの習慣を認めて、行うように発表しました。
愛されて亡くなった人々のこの世の貢献はもちろん、死者のミサの祈りの中の一部ですが、もう一つの目的は天国の生活の為です。
それは、煉獄です。
煉獄は天国に入るための待合所です。
フローレンス公会議とトリエントの公会議で煉獄について黙想しました。
その聖書の背景は、聖ペトロの手紙一17節と聖パウロのコリントへの手紙一315節にあります。
その意味は、煉獄は清める温かい場所です。
サウナみたいですね。よかったね。
でも、皆さん、煉獄を誤解しないでください。煉獄は地獄ではありません。
天国に入る為の準備室です。
必ず天国に進みます。
今日の朗読は、今日の死者のミサの為に、そこまで深く関係がありません。
その背景で、今日の死者のミサを祈りながら、亡くなった愛する人々のために、霊的に助ける機会です。
やはり、この世と天国、煉獄は近いですね。
コミュニケーションは終わりません。
天のお父様が、私達が無事に故郷の天国に戻ることを待っています。
私達が人間関係の問題を乗り越えるために、赦すことが大切ですね。
その価値観の源は、私達、天のお父様の価値観から学びました。
私達の赦しの力はあいまいですが、天のお父様の赦しと愛は強いです。
その事を信じて、今日の死者の日に私達は、希望と喜びを持っています。
天の神様が、愛を通して私達が両親を通して、この世に送りました。
そして、人生が終わった時も、同じ自分の愛を通して天国に帰ります。
今日の福音と死者の日は、少し関係もあります。
それは、一番偉大な人が、偉い人ではなく、天国で一番偉い人が他の人を助ける人です。
イエス様のような仕える人です。

皆さん、これを信じて、亡くなった愛する人々、お母さん達、お父さん達、兄弟、姉妹たちのように、毎日愛の生活をしながら、社会に貢献を与えましょう。

2017.11.05 今週のお知らせ

11月05日(日)
主日のミサ(年間第31主日)
0930
教会学校
1100
 福祉コーヒー
1000
主日ミサ
(帰天司祭・信徒追悼)
1100
 聖堂清掃


1115
 聖歌を練習する会

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)


11
06
(月)
0615
ミサ


07
(火)
0615
   
ミサ

08
(水)


 
09
(木)
1000
1000
養成クラス
キルトの会(H302月まで休会)

10
(金)
0900
1000
1830
教会清掃(2グループ)
金曜作業グループ
ミサ

11
(土)
0700
1000
1830
ミサ(入門クラス)
初聖体の勉強
English Mass

12
(日)
0930
1000
1100
1115
1200



教会学校
主日ミサ(七五三祝福)
パン販売、青年コーヒー
聖歌を練習する会
80周年記念ミサチーム

キルト展

  

2017年10月29日日曜日

年間第30主日

第一朗読:出エジプト22・20-26
第二朗読:一テサロニケ1・5c-10
福音:マタイ22・34-40


皆さんおはようございます。
先週スポーツの世界で二人のスターが新聞に載りました。
一人はポルトガル人のクリスティアーノ・ロナウドです。
彼はサッカーの選手です。
彼は、4回世界中で一番上手なサッカー選手に与えられるバロンドール賞をもらいました。
48のゲームの中で、46のゴールをしました。
まだ、そこの1年では終わりませんでした。
まだまだなるでしょう。
もう一人新しいスポーツのスターが日本の新聞に登場しました。
皆さん、ご存知のように早稲田実業所属の清宮幸太郎選手です。
彼は18歳です。来年プロの野球選手になるにあたって、7チームの球団が彼を欲しがりました。
運よく、ファイターズの一員となるかもしれません。良かったね。
来年のお楽しみですね。
ロナウド選手と清宮選手ののようなスポーツが上手な人が必要です。
なぜなら、彼らの技術を通して、スポーツのレベルが高まります。
また、他の選手達も、もっと頑張る気持ちになります。
今日の福音の中で、スポーツの選手の技術と同じような基準が登場します。
イエス様の説教のときに、聴いたファリサイ派の人がイエス様に愛について一番大切な掟は何ですか?と聞きました。
そして、イエス様が愛について答えました。
「神様を愛して、自分を愛し、隣人を愛しなさい」と答えました。
この度、イエス様の愛の基準を聞いて、私達もどのように愛の生活に成長するかどうか、黙想しましょう。
ロナウド選手と清宮選手に従って、カトリックの世界で最も愛することが上手な選手になりますように、頑張りましょう。
この質問は50年前にバチカン第二公会議でよく相談しました。
実は、バチカン第二公会議の後で、カトリック教会の雰囲気が変化しました。
反対の人もいます。
バチカン第二公会議は教皇様ヨハネ23世で始まり、教皇様パウロ6世のときに無事に終わりました。
その公会議が終わってから、前より厳しくなくなりました。
公会議の前のカトリック教会の雰囲気は、法的でした。
しかし、その後は重要なポイントは「愛」でした。
公会議の前で、神様のイメージは、天国に住んでいる厳しい審判者でした。
私達1つずつの言葉、行い、考え、忘れたことを神様が記録したそうです。
そして、マイナスポイントが一杯になれば、必ず、地獄に行く運命とされていました。
その精神を通して、カトリック信者達は、昔のユダヤ人の信者に似ていました。
その厳しい精神を変化する為に、公会議は「愛」を信者達の大切な掟だと教えました。
神様は優しいお父さんです。
天のお父様は、私達が天国の玄関で私達が来ることを待っています。
彼が私達を温かく迎える雰囲気作りました。
もちろん、変化のイエス様のおかげです。
イエス様が、この愛の掟を100%従いました。
神様と自分と隣人も皆愛しました。
その証拠はゴルゴタで皆のために自分の命を捧げました。
その行事を通して、悪魔の力を乗り越えました。
悪魔の力はわがままです。
イエス様の力の源は、無欲の愛です。
沢山の素晴らしい聖人たちが、イエス様の精神に従いました。
愛は自分の為ではなく、神様の賛美の為、また、隣人のニーズを満たす為です。
イエス様の精神を成長する為に私達の信仰生活は大切です。
日曜日のミサで、私達は天のお父様のために愛を表します。
そしてミサを出た後にその愛を隣人のために一週間配ります。
カトリック教会は、賞があれば第一の与える人はイエス様でした。
どうぞ皆さん、私達も、この愛の賞を得る為に毎日神様の為、自分の為、隣人のために愛の業を実践しましょう。
カトリック教会の歴史の中で一杯素晴らしい模範がいましたが、104日の聖フランシスコは、最も有名です。
彼の作った祈りを通して、どんな方法で隣人を愛するか詳しく隠れています。

どうぞ皆さん、今日その聖フランシスコの祈りの文章を読んで日々の生活の中で実践しましょう。