2018年2月18日日曜日

四旬節第1主日

第一朗読:創世記9・8-15
第二朗読:一ペトロ3・18-22
福音:マルコ1・12-15

皆さん、おはようございます。
ようこそ四旬節にいらっしゃいませ。
四旬節は日曜日なしの40日間の心の旅です。
ですから残りは36日です。
目的は、イエス様の模範に従うことです。
私達は皆、洗礼を通してイエス様の模範に従いました。
今年はB年のスケジュールで、イエス様の洗礼の祝日は18日でした。
聖書によると彼は洗礼を受けてからすぐ人生の目的について黙想する為に、砂漠の中で40日間の断食と祈りを行いました。
四旬節にイエス様が行った行為は、私達も同じことをしなければなりません。
そのために、額に灰をつけます。
そして、受けたときに伝統的な祝福は「あなたは塵であり、塵に帰っていくのです。」と神父が言います。
皆さん覚えていますか?
神様が最初の人間を創造した時に、土から造ったそうです。
その最初の人間は「アダム」です。
なぜなら、「アダム」の意味は土からつくったものです。
そのために、このイエス様の記念の黙想会を始めるにあたって、灰を額につけます。
毎年、四旬節の目標は、私達の人生をどのように、過ごしているか計るためです。
イエス様は人生の目的について新しい掟を発表しました。
「神様を愛し、自分を愛し、隣人を愛しなさい」です。
悪魔は神様の敵です。
神様の国の反対のものです。
ですから、私達も、悪魔を退ける課題があります。
悪魔は少し怖いイメージですが、私達がイエス様と同じ神様への信仰があれば、悪魔の誘惑を一つずつ回避することができます。
それは今日の福音の箇所の内容です。
少し教皇様フランシスコの言った言葉を話したいと思います。
皆さん聞きましたか?
最近教皇様が、ローマでのミサでの説教の中で、主の祈りの一つの文章について、説教しました。
彼の主の祈りの心配な部分は「わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いください。」という箇所です。
TVインタビューで教皇様は、その部分の代わりに、「わたしたちが誘惑におちいらないように」と改善したいと述べました。
主の祈りは、ルカによる福音とマタイによる福音に書いてあります。
ルカもマタイもギリシャ語で自分の福音を書きました。
アメリカのボストンカレッジでは有名な新約聖書の先生が、教皇様の意見に賛成しています。
彼にとって、その先生は「ステグマン(イエズス会神父)」によると、「ルカ」と「マタイ」の意味は、最後の晩餐と意味が通じているので、教皇様の小さな変化は大丈夫です。
新約聖書の中で、この変化についてヤコブへの手紙113節に書いてあります。
この内容が、神様が人間を誘惑しないという内容です。
また、聖パウロのコリントへの手紙1013節に「神様がその人の力以上の誘惑から救ってくれます」と書いてあります。
その二つの新約聖書の手紙によって、神様が私達の命の救いをコントロールするというメッセージです。
しかし、いつも神様が人間に自由を与えます。
その背景は神様が最初につくられた愛する息子「アダム」のリンゴを食べた失敗を許しました。
振り返って、アダムは申し訳ない気持ちで一杯だと思います。
フランシスコ教皇様の模範はフランス語とスペイン語の主の祈りの翻訳です。
その翻訳は、先ほど言った「誘惑におちいらないように」と言う意味です。
何年か前に、イタリアの国の司教たちもフランス語とスペイン語と同じように翻訳すると決めました。
あとは、残りの世界の国々では問題が残ります。
教皇様の重要なポイントは、神様が人々を誘惑するという意味ではなく、悪魔が心をひくものを用意するということです。
そのポイントをもっとはっきり理解する為に、今日の福音の箇所に戻りましょう。
今日のマルコによる福音は、短いですが、沢山の意味を含んでいます。
例えば、野獣という言葉は意味があります。
皆さん、ご存知のように、野獣は本能のままに行動します。
例えば、お腹がすいたライオンが、狩りをし美味しいシマウマを食べるかもしれません。
残念ですがこれは自然の法則です。
問題は、私達人間もその野獣のような行動をします。
理由もなく、他の人間に暴力を振るったりします。
皆さんも聞いたと思いますが、アメリカで灰の水曜日の日、若者が銃を乱射し、17人の学生と先生達を殺そうとしました。
寂しいですね。
しかし、イエス様の人生の模範は全然違います。
イエス様が自分の人生の時間を他の人々を助けるために過ごしました。
そして、聖金曜日に、全ての人間を霊的に救う為に、自分の命を捧げました。
ですから、イエス様が私達に施しの模範を示します。
私達カトリック信者の人生の目的は、周囲の人々を愛を通して仕えることです。

どうぞ皆さん、残りの36日間、イエス様の模範に習って、悪魔の誘惑を退けて、自分の人格の野獣の態度を乗り越えて、日本の社会に愛があふれるように、言葉と行いを通して頑張りましょう。

2018.02.18 今週のお知らせ

0218日(日)
主日ミサ(灰の式) 四旬節第1主日
0930
教会学校
1100
典礼・広報部会
1000

主日ミサ(灰の式)
1100

聖堂清掃





★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)


02
19
(月)
0615
ミサ

20
(火)
0615
ミサ

21
(水)
0615
0900
ミサ
業者清掃
 
22
(木)
1000
1200
養成クラス
聖堂清掃

23
(金)
1830
ミサ

24
(土)
0700
1100
1830
ミサ(入門クラス)
教区カトリックセンター竣工感謝ミサ・内覧会
English Mass

25
(日)

0930
1000
1100
1200



教会学校
主日ミサ
福祉納豆販売
運営委員会


2018年2月11日日曜日

年間第6主日

第一朗読:創世記3・16-19
第二朗読:一コリント10・31~11・1
福音:マルコ1・40-45

皆さんおはようございます。
1992年教皇様ヨハネバル2世から世界病者の日が始まりました。
彼が、211日を選びました。
なぜなら、その日は、はじめて若いバーナデットがルルドの田舎でマリア様に会ったからです。
当時に教皇様に病気がありました。
彼は、マリア様の助けを信じて日々教皇様は仕事を続けることができると信じていました。
その素晴らしいことで他の病者たちを励ますためにこの日を始めました。
バーナデットは、人間として初めて聖母様の口から「私は無原罪マリア様」と紹介しました。
その後、バーナデットはマリア様と17回会えました。
バーナデットとマリア様の相談の中で、マリア様はバーナデットを指をさして「バーナデットさん、この地面を掘ってください。」と頼みました。
すると水があふれました。
そして、皆さんご存知だと思いますが、その水を通してたくさんの病気を治しました。
しかし、不思議にバーナデットはその水を飲まず、シスターになってからひどい病気にかかりました。
バーナデットにとってマリア様のイエズ様の愛はともに心にあったので、満足でした。
そして、若い年に天国に行きました。
マリア様からとバーナデットから別々のことを学べます。
マリア様から学んだことは、神様は人間すべて愛します。
人間の苦しみは神様の望みではありません。
その水は、神様の愛の印です。
信仰を通して神様の恵みを頂くことができます。
そして、私達元気な人々、特に医療専門職の医師、看護師、管理栄養士、助産師たちは専門的知識・技術とケアを通して他の人間を癒す力を与えることができます。
それは、愛の印です。
マリア様は、イエス様を妊娠した時から十字架の死までと、御復活の出来事の目撃者でした。
ですからマリア様はイエズ様の癒す力を知っています。
マリア様は優しいお母さんとして私達息子の物語を話したいです。
私達もイエズ様を信じれば、希望ある人生を過ごすことができます。
難しいことがあっても乗り越えることができます。
また、バーナデットの姿を見ましょう。
バーナデットは、特別な恵みをいただいてイエズ様と同じように苦しみを我慢することができました。
バーナデットを通して学んだことは、2つの癒すことあります。
身体を治すことと魂を治すことです。
バーナデットは魂を治すことを選択したようです。
彼女は素晴らしい女性でした。
今日の福音の中でハンセン病の患者さんは、神様の愛を示しました。
彼らは、当時の社会の中で不十分な医療のケアと社会の差別の厳しさを受けました。
私は12年間韓国でハンセン病病院に勤めていました。
私は当時の韓国人のハンセン病への差別を見てきました。
ひどかったです。
その病気を通して、その人は人間ではないという人がいました。
時間はかかりましたが、その態度が変化しましたので、本当に神に感謝です。
その時代から私達を癒す力を考えましょう。
差別も周りの人々に苦しみを与えます。
ですから、私達の心が変化すれば周りの人々を苦しみから解放することができます。
その心の変化は愛です。
どうぞみなさん今日の美しいロードの祝日を祝いながらマリア様の心を習いましょう。
彼女と同じように私達も愛の業、愛の言葉を通して周りの人々と全然知らない人々にも助けましょう。

その素晴らしい愛あふれるために今日暇がある時に何回もマリア様の祈りを唱えましょう。

2018.02.11 今週のお知らせ

0211日(日)
子供ミサ(森田師) 世界病者の日
0930
教会学校
1100
ブロック例会
1000

子供ミサ(森田師)

1100
1100
病者の塗油
青年コーヒー




★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

02
12
(月)





13
(火)



14
(水)


1000
灰の水曜日

ミサ
 
15
(木)
0700
1000
ミサ(聖心会)
入門クラス

16
(金)
1000
1830
教会清掃(3グループ)
ミサ

17
(土)
0700
1000
1830
ミサ(入門クラス)
合同ブロック会議
English Mass

18
(日)


0930
1000
1100
1100


四旬節第1主日

教会学校
主日ミサ(灰の式)
典礼・広報部会
聖堂清掃


2018年2月4日日曜日

年間第5主日

第一朗読:ヨブ7・1-4、6-7
第二朗読:一コリント9・16-19、22-23
福音:マルコ1・29-39

皆さん、おはようございます。
四年前に天使の学長は私に、山の手にいる北海道メディカルセンターの専門学校の看護学生たちに、医療英語を教えて下さいと頼みました。
それから、毎週一回専門学校に行って教えています。
私は英語の先生の資格はありませんが、ネイティヴスピーカーなので英語が上手です。
また、看護師なので、医療の専門用語が分かります。
しかし私は、この授業の準備をしながら学んだことは、相手とコミュニケーションは、93%は言葉がない会話です。
そのことがわかってから、看護師のボディーランゲージ、ジェスチャー、態度についての内容が、医療英語の中の授業で教えています。
私達人間は相手の服装、顔を通して、自分の価値観から判断をします。
しかし、時々全然間違えていまう事があります。
何年か前にフランシスコ教皇様になった時に、その誤解がありました。
イタリア人のヴェネシオ・リーバが教皇様に会うために、バチカンのイベントに参加をしたいと思いましたが、教皇様の警備の人々がスイス衛兵をブロックしました。
しかし、その会場で彼は大きな声で「パパ様!!」呼びました。
そして、運よく教皇様がこの声を聞いて会うよう言いました。
話を聞くと、その人は生まれてから酷い皮膚の病気でした。
それは感染する恐れはありませんでした。
教皇様が、彼の傷をキスして、スイスのガードに、「この人をイベントの優先席に通してください」と言いました。
周りの人々は皆拍手をしました。
その日から、ヴェネシオ・リーバはイタリアで少しスターになりました。
教皇様が行ったことは、神様の人間のための愛を示しました。
神様は、私達の身体の自分だけではなく、スピリチュアル的な自分も見ています。
神様のピュアな心には、差別はありません。
必ず、まず人間を愛します。
それは私達の課題とイエス様、また沢山の聖人達の模範から、学んだことです。
今日の三つの朗読は、その重要なポイントを教えています。
第一朗読の中で、ヨブが登場します。
ヨブは先程話し出した、ヴェネシオ・リーバの立場に似ています。
ヨブも自分で何も悪いことをしないで、酷い病気にかかりました。
神様への信仰、希望、愛を失わないように、悪魔の誘惑を退けました。
ついに、神様の哀れみを回復しました。
神様の存在を感じました。
やはり、ヴェネシオ・リーバが教皇様に会う体験に似ていますね。
第二朗読の中では、聖パウロが、自分の福音宣教のスタイルについて話しています。
それは人々を外見を通して判断をしないで、一人一人の内面のスピリチュアルを見ます。
その方法で、彼が会う人々は全て平等です。
差別はありません。
福音には、ペトロが、イエス様に自分の家で食事をするように招きました。
そして、イエス様が了承して行くと、残念ながら姑が病気になっていました。
その時、ペトロはイエス様に姑は病気ですと言いながら案内しました。
イエス様は、「そうですか、食事の前に彼女を祝福しましょう」と言いました。
そして、イエス様の祝福からすぐに、ペトロの姑の病気は治り、もてなすことができました。
この箇所の中で、スターの信者は、ペトロです。
なぜなら、彼はイエス様に姑を会わせたからです。
私は、この箇所を読んで、私達カトリック円山教会の病者訪問の運動の大切さを思い出しました。
私は、病者の秘跡を授けた信者達はすぐに治ったことは目の前で見たことはありませんが、瞬間的に神様の栄光を患者さんのためと、家族の為と、病者のチームの為にも照らす体験はあります。
本当に素晴らしいことが沢山ありました。
ですから、皆さん、今日の第一朗読と福音から学んだことは病者たちを苦しみから解放する為に、私達の愛と神様の憐れみ、病者の秘跡を伝えることができます。
ご遠慮なく病気になったら自分と家族、親戚を紹介してください。
私と病者のチームは喜んで行きます。
それも、イエス様の仕事です。
福音宣教の行事です。
最後に明日の祝日、日本二十六聖人殉教者の祝日について、一言言いたいと思います。
この偉い二十六人が私達に教えたいことは、内面が見えないことですね。
彼らは素晴らしい信仰、希望、愛の心を持っていました。
残念ながら、その時代、政治的な雰囲気の中で殉教になりましたが、間違えないで彼らの苦しみも福音宣教のために役立ちました。
先程話した皮膚の病気のヴェネシオ・リーバの生き方が教皇様に素晴らしい衝撃を与えました。
それと同じように日本二十六聖人殉教者達も死刑執行人と当時の政治家達も家族のためにも素晴らしい模範を表しました。
彼らの犠牲のお陰で、日本ではカトリック信仰が今でも元気です。

どうぞ皆さん、この素晴らしい二十六人に感謝する為に私達の信仰、希望、愛をプライドを持って、社会貢献のために役立てましょう。

2018.02.04 今週のお知らせ

0204日(日)
主日ミサ(日本26聖人殉教者
0930
教会学校
1100
福祉コーヒー
1000

主日ミサ
(日本26聖人殉教者)
1115
聖歌隊練習





★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

02
05
(月)

0615
日本26聖人殉教者
ミサ

06
(火)
0615
ミサ

07
(水)
0615
ミサ
 
08
(木)
0700
1000
ミサ(聖心会)
養成クラス

09
(金)
0900
1000
1000
1830
教会清掃(2グループ)
さゆり幼稚園聖堂訪問
金曜作業グループ
ミサ

10
(土)
0700
1030
1830
ミサ(入門クラス)
カトリックセンター竣工式
English Mass

11
(日)


0930
1000
1100
1100
1100

世界病者の日
教会学校
こどもミサ(森田師)
ブロック例会
病者の塗油
青年コーヒー・パン