2018年4月15日日曜日

復活節第3主日

第一朗読:使徒言行録3・13-15、17-19
第二朗読:一ヨハネ2・1-5a
福音:ルカ24・35-48


皆さん、おはようございます。
先週新しいスケジュールで会えませんでした。
どうですか?大丈夫でしたか?
朴神父は神父になって10年です。
そして、韓国で主任司祭の体験もあったそうです。
優しい楽しい神父だったと思います。
彼は色々日本の言葉だけではなく、文化や、日本人のスピリチュアリティーがまだそれほどわからないので、みんなで協力していきましょう。
私も韓国で神父の勉強をしましたので、日本と違うことは理解します。
初めて私も室蘭で神父の仕事を始めた時も、少し難しかったです。
来週22日は世界召命祈願の日です。
どうぞ皆さん、教会のニーズを満たすために、足りない神父の召命、シスターの召命、ブラザーの召命、信者の召命を溢れるために、皆さんで祈りましょう。
教会の召命の運動は時代によって違いますね。
私の時代は若い時にケネディー大統領はカトリック信者として大統領になりましたので、アメリカのカトリック教会に大きな力を与えました。
私たち信者たちは高いプライドを持っていました。
同時に有名なサウンドオブミュージックの映画が上映されていましたので、若い女性たちは皆、映画のマリアになりたい気持ちになりました。
私のお姉さんは3人いますが、同じ影響を受けました。
しかし、彼女たちはシスターになりかたや、シスターたちの服装を調査しました。
沢山の種類と色がありましたね。
私の小学校の時代はノートルダムのシスターたちが教えてもらいました。
そのシスターたちの被り物は大きい鳥のようでした。
ドアの入り口に入る時に引っ掛かりそうになっていました。
そして、休憩時間にグラウンドで遊んでいると、シスターたちの被り物は強い風が吹くと飛んでいきそうになるので、頭を押さえていました。
偶然ですが、この時、テレビで優しく素晴らしいシスターのテレビドラマが放送されていました。
番組の名前は「フライング・ナン(Flying Nun)」でした。
ドラマの中で困った人がいるときに、彼女は外に出てスパーマンみたいに飛びました。
私も自分のお姉さんたちの影響で神父になりたいと思いました。
私も男性の修道者たちの服を調べました。
その中で、トラピスト修道者の服が好きになりました。
なぜなら、その時代、十字軍の映画も上映されていて、その十字軍たちの服とトラピストの服が似ているので、私も十字軍の神父になりたいと思いました。
若いケンちゃんはちょっとクレイジーボーイでしたね。
バチカン第二公会議が終わってから、一つの時代が終わり変化しました。
特にアメリカの場合、シスターたちの服が前よりシンプルに変わりました。
あるシスターたちは、その特別な服をやめて十字架だけつけて任された仕事を行いました。
その時代の精神は、召命は外側からではなく、内面から出てくるものであるといわれました。
私もメリノール神父として、日本に来てちょっと驚きました。
その時代の神父たちが伝統的な神父のカラー(ローマンカラー)を付けないで、ネクタイを付けている神父が5人くらいいました。
今でも、メリノール会でマイレット神父とライアー神父も教区のイベントの時には、ローマンカラーではなく、ネクタイを付けます。
やはり大昔は、教会の司祭、シスター、ブラザー達は、今より着る服を通して、周りの人々に大切な印象を与えることが重要視していました。
何年か前に、看護協会も同じ革命がありました。
皆さんもご存知だと思いますが、ナースキャップが無くなりましたね。
教会の中で誰が神父、シスター、ブラザーかわからないように、病院でも誰が家族か看護師かわかりづらいです。
病院では、その混乱を招かないように、看護師たちの服装が決められています。
アメリカの病院は、ちょっと自由で、特別な病院の服を着てファッションショーのようになるのでネームプレートを見なければ、何の役割かわかりません。
日本も同じ問題があるでしょう。
このことと、今日の福音は何の関係でしょうか?
やはり私たちのキリスト教信者であることを、再認識するために特別な服は必要ありません。
服よりも私たちの生き方、精神、祈りの姿が最も重要です。
面白いことは、イエス様がご復活してから、彼の知り合いの人々の中で、イエスだとすぐにわからない人がいました。
御復活してから、新しい服があったみたいです。
しかし、彼の言葉と傷、祈りの姿、兄弟たちの愛を通して、イエスだとわかりました。
皆さん、イエス様の模範から起き上がりましょう。
私たちは、お御堂の中でカトリックの存在を表すように、教会を出てもカトリックのアイデンティーを言葉と行いを通して表しましょう。
それは福音宣教です。
仕事場、学校、ショッピングの時も周りの人々が私たちに会うチャンスですね。
福音宣教のチャンスですね。
私たち信者の召命は会う人々に、愛を通して希望を与えることです。
その中で、「あなたに平和がありますように」という挨拶は、カトリック信者にとって特徴的な挨拶です。
どうぞ皆さん、イースターの喜びの雰囲気の中で、私たちの尊い召命を改めて感じましょう。
イエス様と同じような人間性の生活を実践しましょう。

2018.04.15 今週のお知らせ

415日(日)
復活節第3主日
0930
教会学校
1100
典礼・広報部会
1000
主日ミサ(子どもミサ)
1200
運営委員会
1100
病者の塗油



★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

4
16
(月)
0615
ミサ

17
(火)
0615
ミサ

18
(水)
0615
ミサ
 
19
(木)
0700
1000
ミサ/聖心会
入門クラス

20
(金)
1000
1000
1830
教会清掃/3G
金曜作業G
ミサ

21
(土)
0700
1830
ミサ/入門クラス
English Mass

22
(日)

0930
1000
1100


教会学校
主日ミサ(加藤師)
教会総会


2018年4月8日日曜日

復活節第2主日(神のいつくしみの主日)

第一朗読:使徒言行録4・32-35
第二朗読:一ヨハネ5・1-6
福音:ヨハネ20・19-31


皆さんおはようございます。
今日は神のいつくしみの祝日の17年の記念日です。
18年前に聖ヨハネ・パウロ二世はバチカンの前でミサをした素晴らしい日から、この祝日が始まりました。
同時に、私のお母さんの3年目の命日です。
亡くなってからも長い間サポートして下さっていること、感謝します。
私のお母さんは、神のいつくしみの祝日の物語の話をよくしてくれました。
毎週、土曜日午後は赦しの秘跡を受けるために行っていました。
偶然ですが、お葬式の日も神のいつくしみの祝日でしたので、たくさんの飾り物にかこまれた式でした。
そして、もっと不思議なことに、同じ時期に、シスター・ファウスティナの遺品がアメリカのカトリック教会に巡礼を通して到着しました。
それによって、私たち家族は希望とお母さんからの「安心しなさい、私は天国に行きました」というメッセージを受け取りました。
まず、神のいつくしみの祝日について簡単に説明します。
シスター・ファウスティナは1931年、祈りながらイエス様のイメージを表しました。それは表紙にあるイメージです。
イエス様がシスター・ファウスティナに「このようなイメージを絵で描いてください。」と言いました。
赤と白の光線には、それぞれ意味があり、白は洗礼の水の印、赤は私の血の印を表します。
それは十字架での受難の時に流した血です。
愛する皆さんのために、喜んで流した血です。
イエス様は、シスター・ファウスティナへ「どうぞ私を信頼してください」と信者達に伝えるよう言いました。(Jesus, I Trust in You…)
そして、御復活の次の日曜日に、この祝日を作ってくださいと頼みました。
聖ヨハネ・パウロ二世は、亡くなる前に神のいつくしみの祝日を完成させました。
考えると、この祝日は御復活のメッセージを受け止めることですね。
なぜなら、イエス様が十字架上で命を捧げ、私たちを愛しました。
そしてイエス様の恵みを受けるために、洗礼を通して招き入れました。
私たちのカトリック円山教会も、御復活の時に三人の新しい信者が加わりましたので、イエス様も喜んだでしょう。
彼らは御復活のプレゼントです。
本当に、今日の福音箇所は今日「神のいつくしみの主日」のためにとても適当だと思います。
なぜなら、弟子たちはご復活されたイエス様にであってから自分たちの生き方を変化しました。
どうして変化しましたか?
それはイエス様の御復活してからの態度のお陰です。
これは素晴らしい変化です。
覚えていますか?
この箇所の初めに弟子たちは「ユダヤ人を恐れて、自分たちのいるの戸に鍵をかけていた」そうです。
多分彼らがイエス様の弟子たちなので自分たちも迫害をとして十字架の死も受けるでしょう。
わたしにとってこの箇所の中で書いていないことを面白いと思います。
例えば、弟子たちのユダの裏切られたの事とユダヤ人とローマ帝国のピラトと軍人たちのために憎しみの気持ちが書いていないでしょう。
イエス様の死の原因はその沢山の方々でした。
兎に角イエス様がご復活してから彼は全然怒り、憎しみ、復讐の言葉が言いませんでした。
ご復活されたイエス様は友たちのための愛と平和をあらわしました。
本当にイエス様が愛を通して世界の暴力や悪的な否定の胎動を乗り越えました。
それは私たちのイエス様からの財産です。
素晴らしいことですね。
旧約聖書の初めの物語のカインとアベルのエピソードから人間は人間関係の問題を治すために暴力を使いました。
天のお父様がずっとその間違い人間の習慣を変化するために一杯の素晴らしい人物の預言者や王様や先生などを世に送りましたがあんまり心を変化できませんでした。
ついに、マリア様、ヨセフ様とイエス様が世のステージに表しました。
その家族は当時の価値観を捨てて愛を通して生活しました。
私たちの現代のカトリック信者達の洗礼を通して聖家族の親戚です。
それはイエス様のいい言葉ですね。
「だれでも、わたしの天の父のみ心を行う人がわたしの兄弟、姉妹、また母である(マタイ1250節)。
イエス様、おそらくマリア様もその酷い不公平な裁判と十字架の死刑宣告を愛を通して皆を許しました。
やはり弟子たちはご復活のイエス様に出会ってから自分たちのこころも変化しました。
恐れない生活、愛一杯生活と模範を表しながら福音宣教しました。
イエス様と同じく苦しみがあっても我慢しました。
みなさん、私たちも2000年前の弟子たちと同じく時々周りの人々のために恐れしい気持ちになりますね。
どうかみなさん、私たちへの暴力、誤解、しっと、悪い口等の傷を乗り越えるためにイエス様とマリア様と同じように霊の精神に見習い愛を通して生活を過ごしましょう。

2018.04.08 今週のお知らせ

0408日(日)
復活節第2主日




1000
主日ミサ(朴師)
1100
青年珈琲/パン販売


1100
ブロック例会

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

4
09
(月)
0615
ミサ

10
(火)
0615
ミサ

11
(水)
0615
1000
ミサ
筆字の会
 
12
(木)
0700
1000
1000
ミサ/聖心会
養成クラス
キルトの会

13
(金)
0900
1000
1830
教会清掃/2G
金曜作業G
ミサ

14
(土)
0700
1830
ミサ/入門クラス
English Mass

15
(日)

0930
1000
1100
1100
1200

教会学校
主日ミサ(子どもミサ)
病者の塗油
典礼・広報部会
運営委員会

2018年4月1日日曜日

復活の主日

第一朗読:使徒言行録10・34a、37-43
第二朗読:一コリント5・6b-8
福音:ヨハネ20・1-9

皆さん、御復活おめでとうございます。
ハッピーイースター!!
イースターは私たち人間の物語のハッピーエンディング(良い終末)です。
天のお父様は、このイベントをアダムとイヴの失敗の時から計画していました。
なぜなら、神様は私たち人間を愛していたからです。
偶然ですが、イエス様の十字架の死と御復活も庭の中で行われました。
それは、楽園に似ているでしょう。
イースターのハッピーエンディングの内容は、イエス様がアダムとイヴの間違いを正しました。
それによって神様の赦しの力を表します。
もし神様が、その愛を通して私たち人間を赦して下さるのであれば、私たち人間もお互いの罪を赦しあわなければなりません。
ですから、イースターを通して世界は新たに生まれ変わります。
それは英語で「new beginning」です。
日本でも四月から、新しい勉強年が始まりますし、社会でも新たなスタートが始まります。
その通りに今年のイースターは私たち、学校の教職員、学生、院生、両親に必要な新しい力を与えられます。
イエス様の十字架の死を通して、周囲の人々のための愛と犠牲を示しました。
学生の皆さん、どうぞイエス様の模範に従ってください。
昔のアダムとイヴは、自分の満足感のために、禁止されたリンゴを食べましたが、イエス様が周囲の人々を助けるために、難しい仕事を喜んで受け入れました。
イエス様の仕事は救い主の仕事でした。
それを通して十字架の苦しみもありました。
学生の皆さんは今年、新しい勉強年が始まって、酷い十字架の苦しみはありませんが、難しい勉強が待ち受けているかもしれません。
その勉強は皆さんの、心と頭の成長を促すでしょう。
そして、勉強を通して、将来社会のために、素晴らしい貢献をすることができます。
頑張ってください。
イエス様の精神は、チームワークでした。
周りの友達をイエス様は信頼しましたので、素晴らしい貢献をすることができました。
学生の皆さんも、学校の新しい友達を信頼しましょう。
そして、イエス様の弟子たちがイエス様を良い先生として慕ったように、皆さんの先生たちから学んで尊重して下さい。
両親の皆さんも、このイースターから新しい力を頂いてください。
イエス様の両親、ヨセフ様とマリア様は、神様から任された息子イエス様を懸命に育てました。
彼らの模範を通してイエス様は沢山学んだでしょう。
皆さんも同じです。
神様から頂いた子供たちは、特別な役割があります。
それを達成するために、皆さんのサポートと愛の模範が大切です。
間違えずに聖ヨセフとマリア様の愛の溢れる模範は、イエス様の人生に大きな影響を与えたでしょう。
また、祖父母の皆さんも退職しても、神様から人生の終わりまで、まだまだ大切な役割が与えられています。
それは、自分の子供達の家族のサポートが必要だからです。
その中で、家族のために祈りの模範が大切です。
皆さん、御存じでしょう。
今の日本では、若者たちが洗礼を受けても、忙しい中で教会にあまり熱心に通っていないことがあります。
そのジレンマの中で祖父母の皆さんの模範が大切です。
例えば、皆さんの子供たちの家族が、自分の父母の祈りの姿を見て、改めて自分の祈りの生活を見直すことでしょう。
やはり年長者の信者の皆さんは大切な福音宣教者たちです。
頑張って下さい。
特に、いま世界の雰囲気は、軋轢があるものになりましたので、若者たちが苦しんでいます。
欧米でもアジアでも政治的人物において、国民が苦しんでいる国もあります。
この雰囲気を乗り越えるためにイエス様のような価値観の素晴らしいリーダーが必要でしょう。
2000年前に天のお父様は、人類への愛を通して、希望を与えるためにイエス様を死から復活させました。
それも、現代の社会のリーダーたちのために素晴らしい模範です。
私たちも信者として、周りの人々が、絶望に陥らないように勇気づける言葉と愛の業を通して希望を与えましょう。
それは神様の精神と愛の模範です。
今日の福音の中で、聖マグダラのマリア、聖ヨハネ、聖ペトロは友達のイエス様の出来事のために、愛を通してお墓まで走りました。
私たちも2018年の中で、彼らの模範に倣いましょう。

自分の我がままな態度を捨て、周りの人々のニーズを満たすために、愛を通して走り続けましょう。

2018.04.01 今週のお知らせ

0401日(日)
復活の主日




1000
主日ミサ(ケン師)
1100
ご復活祝賀パーティー





★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

4
02
(月)
0615
ミサ

03
(火)
0615
ミサ

04
(水)
0615
ミサ
 
05
(木)
0700
ミサ/聖心会

06
(金)

1000
1030
1030


初金ミサ
教会清掃/G
金曜作業G


07
(土)

0700
1830


ミサ/入門クラス
English Mass


08
(日)

1000
1100
1100
主日ミサ(朴師)
青年会コーヒー(パン)
ブロック例会