2017年6月18日日曜日

キリストの聖体

第一朗読:申命記8・2-3、14b-16a
第二朗読:一コリント10・16-17
福音:ヨハネ6・51-58

お父さんの皆さん、父の日おめでとうございます。
ハッピー・ファザーズデイ!!
私は今日の父の日の話のために、お父さんにどんなプレゼントをするか考えていたことを思い出しました。
二つのことを思い出しました。
小学生のとき、学校でカードを作りました。
中学生と高校生のときには選択の授業があって、男子たちは鉄や木を使って道具を作る授業があったので、先生は、お父さんのために何かを作るようにいいました。
私もその授業で鉄や木でハンマーを作りました。
姉たちは、女子たちの授業で裁縫や料理を習っていたので、スカーフやおいしいものを作りました。
その習慣から、今日のキリストの聖体の祝日の重要な意味がわかりやすいです。
なぜなら、イエス様も自分のお父様の喜びのために自分の努力を通してカトリック教会を創立しました。
そして彼の努力を忘れないように、いつも私たちが集まって、イエス様を忘れないようにごミサを行います。
ごミサの中でいつもイエス様の私たちのための愛を思い出すために、ミサで毎回ご聖体を頂きます。
私の父も家を直したときに、「今日はあなたのハンマーを使いましたよ。」と言って、私はうれしく思いました。
イエス様が私たちを悪魔から解放しましたので、一番嬉しく思ったのは天のお父様でした。
なぜなら、天のお父様は私たちみんなを愛してくださいますから。
やはりイエス様が天のお父様のための救い主です。
どうしてイエス様はこの難しい犠牲を行ったのでしょうか?
なぜなら、聖書の歴史を読んで、どのくらい店のお父様が私たち人間を愛されているか理解しました。
旧約聖書の中で、天のお父様は、ノアを通してと、モーゼを通して、難しい問題から開放するために助けてくださいました。
イエス様が生まれたときに、私たちの時代と同じように政治的な問題がありましたが、これを乗り越えるために、イエス様は平和的な方法を考えました。
それは自分の命を犠牲にすることです。
本当にイエス様は神の子羊でした。
そのすばらしい愛の業のために、天のお父様は息子イエス様にとてもプライドを持っていました。
イエス様の物語から、私たちの人生のために良い模範をいただけます。
それは良心の良い模範から学んで振り返ってみて、自分の人生が社会を良くするためにどんな貢献ができるのか、課題です。
母の日も父の日も、十戒の第四の掟「父母を敬え」を思い出します。
ですから、今日のご聖体の祝日ではもちろんイエス様を賛美しますが、天のお父様は私たちの霊的なお父様なので、今日の父の日は私たちのお父さんにも天のお父様にも感謝をしますね。
最後に話したいことは、メモリーについてです。
人気のキャッツのミュージカルで、メモリーという有名な歌がありますね。
この歌の重要なポイントは、命を通してメモリーがあるので命は大切なものです。
今年はカトリック円山教会が80周年ですので、私たちも振り返って教会のメモリーがあふれています。
その中で、たくさんの神父たちの姿を思い出しますね。
その神父達を通して、イエス様の最後の晩餐から始まったご聖体の記念日を表してきました。
今日は父の日なので、このたくさんの好きな神父達にも祈りの中で感謝をいたしましょう。
英語で神父はFatherです。父の意味ですね。
そのたくさんのすばらしい神父達のおかげでカトリック円山教会に強い信仰が生きています。
どうぞみなさん、イエス様の私たちのための犠牲を忘れないように、少なくとも毎週一回、彼のすばらしいご聖体をいただきましょう。
そしてまだイエス様がわからない周りの人々も、心が元気になるようにイエス様が作ったカトリック円山教会を紹介しましょう。

ハッピーファザーズデイ!

2017.06.18 今週のお知らせ

618日(日)
主日のミサ (キリストの聖体)
0930
教会学校
1115
 「福島の子どもたちを守る会」
1000
主日ミサ

             活動報告会
1100
典礼・広報部会
1200
 80周年ミサチーム会合

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)


6
19
(月)
0615
ミサ


20
(火)
0615

ミサ

21
(水)
0615
0900
ミサ
業者清掃
 
22
(木)
0700
1000
1000
1200
ミサ/聖心会
養成クラス
キルトの会
聖堂清掃

23
(金)
1000
1830
金曜作業G
ミサ

24
(土)
0700
1000
1830
ミサ/入門クラス
「福音宣言」読書会
English Mass

25
(日)
0930
1000
1100
1200
1400




教会学校
主日ミサ
福祉納豆販売
運営委員会
合同夏季学校打合せ


2017年6月11日日曜日

三位一体の主日

第一朗読:出エジプト34・4b-6、8-9
第二朗読:二コリント13・11-13
福音:ヨハネ3・16-18

みなさんおはようございます。
今日は三位一体を説明するために、二つのイメージを使いたいと思います。
一つは、私の子ども時代の家とお母さんの話です。
もう一つは、日本に来てからの、ごはんについてです。
私の家族は人数が多いので、大きな家でした。
アメリカの伝統的な家でした。
少し日本の建築の文化に似ているかもしれません。
日本の古い家屋には一部屋一部屋にふすまがあったように、子供時代の家にもアメリカの昔ながらの木のドアが一部屋一部屋にありました。
しかし、暖炉では家が暖まるのに時間がかかりましたので、クリスマスなど特別な日にだけ暖炉を使用して、普段はボイラーを使っていました。
ドアは部屋を暖めるため以外にも、プライバシーの役割がありました。
例えば、お母さんはお客さんが来た時に、人によってどの部屋に案内するか決めました。
あまり親しくない人が来たときは、応接室に案内しました。
偉い人が来たときはリビングルームに案内しました。
そして家族が来たときはキッチンに案内しました。
私達子供達が学校から戻って、お母さんがどの部屋にいるかで人間関係が分かりました。
例えばおばあちゃんが家に来たときはキッチンに入ってテーブルに座っていました。
私のお母さんは誰でも喜んでおもてなしをしましたが、時によって部屋を使い分けました。
親しい関係の人は最も家の中の方へと入りました。
なぜなら、お母さんとの信頼関係があったからです。
母の習慣で私は三位一体を理解しやすいと思います。
神様の愛を通して私達は創られました。
そして、イエス様の愛を通して、私達の罪の失敗から救いました。
また、私達が愛の道を迷わないように、聖霊を私達の心に入れてくださいました。
天国では、いろいろな部屋があるそうです。
そのイメージから、私はお母さんの習慣を思い出しました。
誰でも歓迎されるためにたくさんの部屋があるそうです。
ですから、一つの家の中にいろいろな部屋があるように、神様の心の中にもいろいろな愛の種類があります。
私が神学生の時、三位一体を理解するために、先生は水のイメージを使いました。
例えば、水はいろいろな形に変化します。
普段は飲む水もありますし、冷たい水は氷です。
温かい水は蒸気になります。
しかし私は日本に来て、ごはんの形を見て、神様の三位一体について考えました。
普通のごはんもあるし、病気の時におかゆのごはんもあるし、お米パンもできますし、また、米から糊を作ることもできるそうです。
それと同じように、神様は私達をいろいろな方法で愛し、助けてくださいます。
素晴らしいことですね。
兄弟姉妹のみなさん、私達は神様の子供達です。
イエス様の姉妹と兄弟たちです。
私達も三位一体の兄弟なので、彼らと同じように愛一杯の生活を過ごすべきです。

どうぞみなさん、いろいろな方法で周りの人々に神様の愛を示しましょう。

2017.06.11 今週のお知らせ

611日(日)
主日のミサ (三位一体の主日)
0930
教会学校
1100
 青年コーヒー(パン販売)
1000
主日ミサ(子供ミサ)

 
1100
ブロック例会

 

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)


6
12
(月)
0615
ミサ


13
(火)
0615

ミサ

14
(水)




 
15
(木)
1000
1000
ミサ/聖心会
入門クラス

16
(金)
1000
1000
1830
1930
教会清掃/G
金曜作業G
ミサ
「福音宣言」読書会

17
(土)
0700
1830

ミサ/入門クラス
English Mass

18
(日)
0930
1000
1100
1115
1200




教会学校
主日ミサ
典礼・広報部会
「福島の子どもたちを守る会」活動報告会
80周年ミサチーム会合

2017年6月4日日曜日

聖霊降臨の主日

第一朗読:使徒言行録2・1-11
第二朗読:一コリント12・3b-7、12-13
福音:ヨハネ20・19-23

皆さん、カトリック教会の誕生日おめでとうございます。
教会は1984歳ですね。
今日の第一朗読によって、聖霊の賜物として沢山の国々の人々が神様のメッセージを理解することができました。
それと反対に、旧約聖書の始めにバベルの塔の物語がありますね。
その物語で、人々が一つの母国語で生活しましたがよくコミュニケーションが取れていなかったそうです。
その問題を乗り越えるために、神様が、沢山の言葉を作って、人々は別れて暮らしました。
今日は、バベルの塔の良い結果ですね。
聖霊のおかげで、私達人間は、お互いを尊重しています。
なぜなら、お互いを見て神様の息子娘であることを認めています。
それは聖パウロの教会はイエス様の身体であるイメージですね。
私達信者達は一人一人イエス様の身体の一部です。
偶然ですが私は、昨日スペインから戻りました。
スペインで、聖霊降臨と同じ体験を過ごしました。
学会の為にスペインに行きました。
国際看護協会の学会でした。
学会はバルセロナでありました。
この学会の為に135の国々から8200人の看護師が集まりました。
テーマは今の社会の健康ニーズを満たすためにどの方法で看護師達が自分の声を使うかです。
国際看護協会はとても古くて、ナイチンゲールのインスピレーションから始まりました。
世界の看護師の心を一つにするためでした。
各国で看護協会があります。
日本では日本看護協会です。
四年に一回国々の看護協会集まって、国際看護協会を行います。
今看護師達は世界中で一番大きな医療専門職です。
ですから、国際連合は世界の人々の健康を守るために、国際看護協会と協力しています。
今回の学会で国際連合の偉い人々が来て、看護師達の協力をお願いしました。
国際連合は人間を成長するために、17の目標を決めました。
看護師達は一つずつの目標に関係があるので、国際連合からお願いがありました。
この学会から学んだ事は、今患者さんは世界です。
わたしたちの世界は病気です。
看護師達は自分の国々から運動を始めて他の国に影響を与えることができます。
今回のミーティングで、世界中の看護師達は一つずつの問題を乗り越えるためにアイディアを出し合いました。
本当に本当に、集まる部屋の中で聖霊の温かい愛情と喜びを感じました。
皆、ハッピーでした。
この学会の体験を通して世界のために希望があると感じました。
素晴らしかったです。
8200人の中で発表は、英語、スペイン語、フランス語、中国語でした。
参加者が理解するために翻訳機を使って、さらに後に翻訳する人々がいました。
本当に素晴らしい雰囲気でした。
この沢山の人々の中で私は日本人に20人位に会いました。
何人か着物を着ていたのですぐ日本人だとわかりました。
今回の日本の看護師達の貢献は東日本大震災のときに、どんな方法でケアしたか詳しく説明しました。
やはりこの体験から私達人間は自分の体験から他の人々を教育出来ると感じました。
この沢山の看護師達は自分の看護の職業の愛のためにこの学会に来ました。
また、まかされた患者さんの命をもっとよくケアをするために、新しい情報を学ぶために来ました。
看護師達の熱心な姿から今日の聖霊降臨の祝日について考えました。
私達信者達は全員が看護師ではありませんが、神様の聖霊によっていろいろ賜物を頂きました。
自分の賜物を理解するために毎週日曜日集まります。
そして、神様の御言葉とお互いの言葉によって心を高めて、社会に月曜日になって、もっと愛一杯で健康の良い社会を作るために頑張ります。
ですからこの国際連合の17の目標は私達信者の為にも重要だと思います。
私はバルセロナで時間がなく観光ができませんでしたが、3つのことを見ました。
一つはコロンブスの港に像があります。
500年前にこのバルセロナの港で三つの船を作ってアメリカのために出発しました。
もう一つはサクラダファミリアです。
教会が高いのでどこからでも見れます。
2029年に建築終了だそうです。
その教会はイエス様の出生、受難、御復活の意味を表すために沢山の彫刻があります。
そのタワーの上に、果物があります。
その意味はカトリック教会は楽園です。
イエス様のおかげで楽園がもう一つ開きました。
素晴らしいことはものすごい人々がその教会を見るために集まっていました。
その中で、中国人が最も多かったです。
中国の人々はあまりキリスト教を理解していないのですが、深い関心を見て、神様の心が彼らに届いていると感じました。
それを見て神に感謝しました。
最後のもっとも素晴らしい場所はモントセラトの聖母でした。
この像は伝統を通して聖ルカが作ったそうです。
2000年間この像は沢山の貧しい人と王様女王様聖人も会うために来たそうです。
わたしたちの日本カトリック教会の歴史的な人物のザビエルも日本の出発前にこの像の前で祈ったそうです。
現在の像は足だけ触ることができません。
私も座ったりキスをしました。
歴史的な体験でした。
この像の前にもたくさんの人々が並んでいました。
なぜならこの像を通してイエス様、マリア様の歴史を感じることができました。
皆さん、本当に今日カトリック教会の誕生日おめでとうございます。
私達の教会のおかげで、神様の人々のための愛を理解できます。
そして私達も神様の心を学んで、周りの人々を愛することができます。
ある人は看護師、ある人はドクター、ある人は管理栄養士、ある人は専業主婦、ある人は学生です。

どうぞ皆さん、私達頂いた賜物を通して神様に賛美してもっと健康で幸福の社会を作るために頑張りましょう。


2017.06.04 今週のお知らせ

64日(日)
主日のミサ (聖霊降臨の主日)
0930
教会学校
11:00
 福祉コーヒー
1000
ミサ
1115
 聖歌を練習する会



 

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)


6
5
(月)
0615
ミサ


6
(火)
0615

ミサ

7
(水)
0615

ミサ

 
8
(木)
0700
1000
1000
ミサ/聖心会
養成クラス
キルトの会

9
(金)
0900
1000
1830
教会清掃/G
金曜作業G
ミサ

10
(土)
0700
1000
1830

ミサ/入門クラス
「福音宣言」読書会
English Mass

11
(日)
0930
1000
1100
1100





教会学校
主日ミサ(こどもミサ)
ブロック例会
青年コーヒー(パン販売)